普段インスタントコーヒーを飲んでいるという人でも、ゆったりと一息つきたいという時には、ドリップコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。インスタントコーヒーと比べると、淹れるのに時間がかかりますが、インスタントコーヒーでは味わうことが出来ない香り・味を楽しむことが出来ます。


ドリップコーヒーを淹れるというと、難しい、面倒というイメージがありますが、コツさえ掴めれば、簡単に美味しいコーヒーを楽しむことが出来ます。

朝日新聞デジタルのことならこちらのサイトが便利です。

ドリップコーヒーを楽しむために必要なものとして、ドリッパーがありますが、好みのデザインを選ぶようにしましょう。
ペーパードリップの方が、簡単にコーヒーを淹れることが出来ると言われています。コーヒーの粉は荒挽きにし、2~3割程度多く粉を使用することにより、コクがありながらもまろやかなコーヒーを楽しむことが出来ます。



粉を入れた後に、指もしくはスプーンで上から少し力を入れ押し固めるようにします。

お湯は、粉全体になじませるように「の」の字を描くように少しずつ注ぎます。高い位置から注ぐと、粉が飛び散ってしまうので注意が必要です。
お湯を注いだら、30秒ほど蒸らし、再度お湯を注ぎます。



2回目に注いだお湯が全てサーバーに落ちる前にさらにお湯を注ぎます。

コーヒーが全てサーバーに落ちる前にドリッパーを外します。

出来上がったコーヒーは、すぐにカップに注ぎ、早めに飲み切るようにしましょう。

この時、カップは温めておくようにしましょう。