ドリップコーヒーをより美味しく飲むために、ドリップコーヒーの美味しくなる入れ方を紹介します。ペーパーをセットしたドリッパーに、豆の粉を入れます。

そしたら、最初のポイントの蒸らしです。

中心から外側に向かって円を描くように、お湯を注いでいきます。

温度は、80度から90度にしてください。

出来るだけ、コーヒーに近い位置から注ぐようにしてください。


この時ペーパーに直接かからないように注意してください。

あまり勢いよくお湯を注ぐと、粉が叩かれてしまい泡が消えます。泡が消えてしまうと粉の表面が空気に触れてしまい、温度が下がります。

そうすると、出来上がったコーヒーが水っぽく嫌な風味や苦みが出てしまいます。2回に分けて注ぐようにしてください。


1回目と2回目の間は、20秒こら30秒の間をあけてください。

時間をあけることで粉がよく蒸れます。
2回目は、1回目よりもやや多めに円を描くように注ぎます。



注意すべき点は、ペーパーに近い部分の外側1センチにはお湯を注がないことです。

縁に粉が残っていて、お湯を注ぎたくなりますが注いではいけません。


注いでしまうと、お湯はコーヒーを通らずにそのまま下へ落ちてしまうので、水っぽく仕上がっていまいます。適量が出来上がったら、ドリッパー内にお湯を残したまサーバーから外してください。

特徴のある4meeeの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

この時、もったいないからといって、お湯を残さなかったり、ラーメンの湯切りのようにしてはいけません。



風味が落ちてしまいます。
少し手間はかかりますが、美味しいドリップコーヒーが出来上がります。