妊娠中で胎児への悪影響を心配する妊婦さんや、健康上の理由でカフェインのとり過ぎを防ぎたい方がカフェインレスコーヒーを好んで摂取していると見られています。

カフェインレスコーヒーはデカフェとも言われ、欧米各国の中では、カフェイン含有量がコーヒー豆の重量に対して0.2%以下のコーヒーと規定されている国もあります。日本では明確な規定はなく、カフェインの成分量を減らしたコーヒーを指しています。

納得のnanapiならこちらが人気です。

カフェインレスコーヒーを製造するにあたり、薬剤によりカフェインの量を抽出させて軽減させる方法と、薬剤を使わずに、水や二酸化炭素によりカフェインの成分を減らす方法とがあります。薬剤でコーヒー豆からカフェインを抽出させる方法は、安価で比較的手間がかかりませんが、薬剤を直接コーヒーの生豆に触れさせるため、コーヒーの愛飲者が不安になりやすく、特に、妊産婦の場合は、胎児や母乳で育つ乳幼児への薬剤での影響を心配する声が大きいです。


しかし、常識で考える以上に大量に飲まないようにすれば、過度に心配する必要はないでしょう。

二酸化炭素を使ってカフェインレスコーヒーを製造する方法は、比較的新しい抽出方法です。



工程が複雑で機材も多く使うため、値段が高くなりがちです。

しかし、前述のような妊産婦や健康に気を使う方にとっても、薬剤が直接コーヒー豆にかかることがない製造方法のため、比較的人体に影響が少なく、安心して摂取できるように見受けられます。



また、コーヒー本来の風味も損なわれないことから支持するコーヒー党も多いです。